2017年度・障害者支援基礎講座

研修会等のご案内 | 2017/05/13(土)

全7回
日程
①2017年5月24日(水) 午後1時~4時
②6月5日(月) 午後1時~4時
③7月13日(木) 午後1時~4時
④8月4日(金) 午後1時~4時
⑤9月22日(金) 午後1時~4時
⑥10月19日(木) 午後1時~4時
⑦11月7日(火) 午後1時~4時

様々な制度改革が進められる中、障害福祉の現場においても、その支援の在り方をめぐっても、大きな混乱が発生しています。当然、福祉教育課程においても、これまでの「障害福祉原論」などの講義が「障害者と自立」に変更されるなど、教育過程そのものも変化してきています。
また、現場では、若手の正規職員が、経験のある非常勤職員とともに支援にあたる実態が恒常化し始めています。こんな中、障害者への具体的支援をどのように行ったらよいか、現場での悩みは増すばかりです。加えて利用契約制度等の中で「意思決定支援」が強調される一方で、「福祉の生産性」の検討など、まさに現場実践のあり方は混とんとしてきています。
大阪障害者センターでは、各法人の現場経験者を中心に、こうした実践支援をおこなうために「合同カンファレンス」チームを編成し、処遇困難なケース等についての支援事業を実施しています。
2012年度から、このチームを中心に「障害者支援」に関する基礎的な考え方を学ぶ研修コースを計画しましたが、好評につき今期も開催させていただく運びとなりました。
これまでの障害福祉現場での実践の取り組みの中で大切にしてきた視点や、具体的な支援にあたっての留意点等を体系的に学べる講座としました。また、机上研修と合わせ、個別ケースのカンファレンスなど、より実践的な研修が行えるよう企画いたしました。
現場での支援に悩んでいる皆さん、先輩たちと共にもう一度、障害者支援とは何か、支援の基本となるものはどのような視点か等ご一緒に考えてみませんか。
 
対象者;現場主任 グループリーダー
受講料;加盟施設職員 無料(大阪障害者センター未加盟施設職員5万円)
会場;大阪障害者センター会議室
定員;15名(基本的には法人・施設からの推薦者を優先します。定員にになり次第募集を締め切ります。)
※講義の中では、それぞれの受講者からレポートを提出いただき、カンファレンス等も実施させていただきます。カンファレンスには、講義担当者及び補助スタッフが同席します。
※全講義修了者には、修了証書を発行します。
※当該研修の学びを、ぜひ積極的に職場に持ち帰り、職場で活かせるよう、送り出し職場でのご配慮をお願いいたします。

支援基礎講座案内はこちら

- | -

2017年度・性について考える連続講座

研修会等のご案内 | 2017/05/13(土)

全3回
日程
①2017年5月20日(土) 10時~12時
②6月10日(土) 10時~12時
③7月8日(土) 10時~12時

例年、「性」の問題について、ご一緒に考えるセミナーを実施してきました。今年度も、日ごろの支援の中で、悩みを持つ現場の皆さんに、少しじっくりと考える時間をつくりながらのセミナーとして企画しました。
具体的な課題を抱えておられる、ホームの支援員さん、事業所の支援員さん、放課後デイのスタッフさんのご参加を呼びかけます!
参加にあたっては、現在抱えておられる、具体的な課題を必ず、申し込みに簡潔に記載しておいてください。
皆さんとご一緒に、考えながら、ぜひ現場での支援の担い手となれる講座にしたいと考えています。

会場 大阪障害者センター会議室
対象者 相談支援センター職員・施設職員
受講料 加盟施設職員無料(一般未加盟施設職員3千円)
定員 15名(基本的には法人・施設からの推薦者を優先します。)
講師 千住 真理子 氏

性研修案内はこちら

- | -

2017年度・相談支援技術研修のご案内

研修会等のご案内 | 2017/05/13(土)

全3回
日程
①2017年5月19日 午後1時~4時
②6月16日 午後1時~4時
③7月7日 午後1時~4時

大きな福祉制度改革の変更の中で、現場では、スタッフ不足の状況などに加え、非常勤職員の比率も高まるなど、厳しい条件が加速しています。そんな中で、これまで現場が大切にしてきた理念を生かした新たな実践の創造が求められています。同時に、三障害の一元化や児童・障がい・高齢の包括相談・就労移行の促進など新たな制度への対応も厳しく求められる事態を受けて、相談支援技術やインフォームドコンセントにもとづく支援など現場職員の悩みは増すばかりです。
さらに、今年度からはか―ビス管理者等に対しても「意思決定支援」等が大きく求められることとなります。その点では、これまで以上に本人意思の確認等も重要な課題となります。
本年度も、このコースでは、日頃から、「相談支援事業等で、精神障害の方たちへの対応が難しい。」「利用契約というが、本人や家族への計画の説明やコンセンサスづくりはどうしたらいいの?」「面接時や訪問時の応接のポイントは?」等の混乱や疑問のお応えし、こうした計画をもとに「実践を組み立てる上での、スーパーバイズ」についても、その視点を学べる、特別コースを設定しています。また、今年度から相談支援事業の中で「サービス利用計画」が大きく位置づけられることとなりましたが、その作成の視点等を現場での大きな悩みとなっています。別途、このサービス利用計画作成の視点等も学べる企画も準備しました。この企画は、主として相談支援や家族との面接等具体的な相談支援技術に特化したものとして企画しました。
相談支援員のみならず、現場の職員にも不可欠なスキルであることから、今年度も企画いたしました。特に、講義を聴きっぱなしにしないために、グループワークや演習なども組み入れ、実践的な研修になるよう工夫しています。
業務など各種条件の厳しい中ではありますが、新たな課題に積極的に対応する現場職員としての資質向上のため、是非積極的なご参加を期待しています。

◇対象者;相談支援センター職員・施設職員対象
◇受講料;加盟施設職員 無料(一般未加盟施設職員3万円)
◇会場;大阪障害者センター会議室
◇定員;15名(基本的には法人・施設からの推薦者を優先します。定員になり次第募集を締め切ります。)
相談支援研修案内はこちら

- | -

障害者(児)家族連続講座・北河内講座

研修会等のご案内 | 2016/10/14(金)

2016年度「みんなで学ぶおおさかの障害者(児)家族連続講座・北河内講座」を開催します。多数お越しください。案内チラシはこちら2016kitakawachi-kouza.pdf

- | -

ぽぽろ子育て支援教室

研修会等のご案内 | 2016/08/26(金)

9月29日、常磐会短期大学非常勤講師の広川律子さんを講師にお招きし、「発達に障害がある子どものきょうだい児の支援」をテーマに「ぽぽろ子育て支援教室」を開催します。多くの方々のお越しをお待ちしています。201609kosodate.pdf

- | -

ぽぽろ大東「子育て支援教室」(第2回)

研修会等のご案内 | 2016/07/21(木)

ぽぽろ大東主催の「子育て支援教室」(第2回目)の内容が確定しました。
9月6日(火)午前10時から、宮本郷子先生をお迎えして、「子どもの中にステキを見つける子育て」をテーマにお話しいただきます。会場は大東市民会館。ぜひお越しください。2016-2kosodatekouza.pdf案内チラシはこちらから

- | -

教職員・福祉職員のための「夏期連続講座」

研修会等のご案内 | 2016/05/21(土)

教職員・福祉職員のための「夏期連続講座」

2016年8月3日(水)~8月5日(金)の3日間、大阪市立中央区民センターで、教職員・福祉職員のための「夏期連続講座」 (全6講座)を開講します。2016kakikouza.pdf内容詳細はこちらをご覧ください(PDF)

8月3日開催の講座会場が大淀コミュニティセンターに変更になりました。

20160803henkou.pdf詳細案内はこちらをご覧ください(PDF)

- | -

福祉施設障害者支援基礎講座

研修会等のご案内 | 2016/05/02(月)

福祉施設障害者支援基礎講座

第1回 私たちが大切にしたい障害者支援の基本的視点
2016年5月17日(火) 午後1時~4時
講師 塩見洋介さん(大阪障害者センター)

第2回 障害者制度と私たちの仕事
2016年6月24日(金) 午後1時~4時
講師 石本悦二さん(社会福祉法人ふたかみ福祉会)

第3回 「発達」を保障することとは
2016年7月14日(木) 午後1時~4時
講師 井上尚美さん(社会福祉法人いずみ野福祉会)

第4回 「労働」を保障する支援とは
2016年8月5日(金) 午後1時~4時
講師 塩田千恵子さん(社会福祉法人ひびき福祉会)

第5回 「集団」実践の意義とは
2016年9月23日(金) 午後1時~4時
講師 川本真由美さん(社会福祉法人コスモス)

第6回 「命を輝かせる」実践とは~重度実践の視点
2016年10月18日(火) 午後1時~4時
講師 西沢富子さん(社会福祉法人さつき福祉会)

第7回 ICFを活用した個別支援計画づくり
2016年11月17日(木)午後1時~4時
講師 石田京子さん(大阪健康福祉短期大学)

期間;6か月間 月1回程度の研修及び佛教大学と共同してグループワークの時間設定を行ないます。
受講料;加盟施設職員 無料(大阪障害者センター未加盟施設職員5万円)
会場;大阪障害者センター 大会議室
定員;15名(基本的には法人・施設からの推薦者を優先します。定員になり次第募集を締め切ります。)
※講義の中では、それぞれの受講者からレポートを提出いただき、カンファレンス等も実施させていただきます。カンファレンスには、講義担当者及び補助スタッフが同席します。
※全講義修了者には、修了証書を発行します。
※当該研修の学びを、ぜひ積極的に職場に持ち帰り、職場で活かせるよう、送り出し職場でのご配慮をお願いいたします。

- | -

福祉施設管理者養成講座

研修会等のご案内 | 2016/05/02(月)

福祉施設管理者養成講座

第1回 社会福祉とは何か?
2016年6月22日(水)午後1時~4時
講師 室井宏文さん(社会福祉法人いずみ野福祉会)・鴨井健二さん(社会福祉法人さつき福祉会)

第2回 会議の進め方・ファシリテートの基礎
2016年7月27日(水)午後1時~4時
講師 柴田哲也さん(社会福祉法人つむぎ福祉会)・墨光子さん(社会福祉法人コスモス)

第3回 ケース検討の進め方
2016年8月24日(水)午後1時~4時
講師 石本悦二さん(社会福祉法人ふたかみ福祉会)

対象者;事業管理者・副管理者等

期間;6カ月間 月1回程度の研修、グループワークの時間設定を行ないます。
受講料;加盟施設職員 無料(大阪障害者センター未加盟施設職員5万円)
会場;大阪障害者センター 大会議室
定員;15名(基本的には法人・施設からの推薦者を優先します。定員になり次第募集を締め切ります。)
※全講義修了者には、修了証書を発行します。
※当該研修の学びを、ぜひ積極的に職場に持ち帰り、職場で活かせるよう、送り出し職場でのご配慮をお願いいたします。

- | -

施設経営管理者・主任セミナー

研修会等のご案内 | 2016/05/02(月)

施設経営管理者・主任セミナー

日程 2016年9月10日(土)・11日(日) 午前10時~午後4時30分
場所 サンスクエア堺

内容
<9月10日(土)>
①アベノミクス規制緩和による医療・福祉の産業かの未来を問う
 講師 伊藤周平さん(鹿児島大学)
②厚生労働省が考える新たな福祉の提供ビジョン
 講師 平野方紹さん(立教大学)
③障害者権利条約国連報告から見える課題
 講師 佐藤久夫さん(日本社会事業大学)
<9月11日>
シンポジウム 「福祉の専門性」とは何か
コーディネーター 峰島厚さん(立命館大学)
シンポジストと第一報告テーマ
・石田一紀さん(京都女子大学)「厚生労働省がめざす『福祉の生産性』」
・木全和巳さん(日本福祉大学)「福祉職におけるソーシャルワーク」
・久岡英樹(弁護士)「意思決定支援の国際的動向」

参加費等
1.参加費のご案内
参加費;20000円(諸般の事情で若干値上げとなりますが、ご了承ください。)
☆締め切り日以降の取り消しの場合は、セミナー終了後資料一式をお送りし、参加費のご返金は致しませんのであらかじめご了承下さい。
☆参加対象者;施設経営・管理者・主任等責任者クラスを対象とします。
☆定員;会場の都合で、一般参加は100名とします。
2.昼食のご案内
両日とも800円にて昼食弁当を手配いたします。
3.宿泊のご案内
シングル8300円にてホテルリバティプラザのシングルを手配いたします。(一泊朝食、税込み)
4.お申し込み方法
☆お申し込みは、申込書に必要事項をご記入の上、大阪障害者センターまで郵送又はFAX等でお申し込み下さい。
☆申し込み締め切り;2016年8月31日(水)
☆ただし、締め切り前であっても、定員になり次第締め切らせていただきます。
※特に連絡のない場合は、受付完了となります。
☆宿泊等のキャンセルについては、7日前までとさせていただきます。その後は、全額お支払いを頂くこともありますのでご注意下さい。
☆料金等のお支払いは、振り込みを基本とさせていただきます。(申込をいただければ、振込用紙をお送りします)
      

- | -